Under the Construction Quiet Woods Japanese Version
Loading...

Ikemen Renaissance イケメン ルネッサンス 



What will be the next driving power for Japan's economy recovery?
Answer is "Shrill voice of women".I'm not talking about the feminist movement,actually what's happening in Japan is women are chasing Korean & Chinese heartthrobs who are the movie,TV stars and idles.Also I'm not talking about teen age girls,but talking about the middle aged women who are career woman, have family,kids,grand kids.I also confess I became the one of "shrill voice"recently.
In Japan, still Men dominate business world can't find the exist from conforming really depressed mode with a favor of melancholy.On the contrary,Japanese woman take advantage of their strength like "Hard working","Earnest","Curiosity""Persistence" and "Pursuit of ideal" to pursuit "Ikemen" (heartthrob) to neighborhood country like Korea,Taiwan and China.
Contemporary version of Japanese wife's hallmark "Support of one's faithful helpmate" make full use of promoting not well-known foreign talents as the grassroots movements to the entertainment market in Japan.
I myself really hocked with the virtual communication with the other Japanese women whom I don't know as the person and share the information ,exchange opinions, ideas & critics about Ikemen's movies and gather the ideas to promote the new talents through the blog sites which were created by various Ikemen's funs and in spite of attack of the virus and unknown languages,eager to get into the Chinese ,Korean entertainment websites and translate update information in Japanese and share with other funs.

As the matter of fact,this grassroots Ikemen Renaissance had a proved evidence to influence on culture exchanges, diplomacy and vitalize economy between Japan and Korea radically in short period of times.(If you know the long dark history betweens twos ,it's really radical)and now it's expanding their horizon to Taiwan and China with quantum speed by not only watching Korean,Chinese medias,also studying languages, cultures and traveling,even moving there in the name of love.
Most fascinating fact would be the influence to the future generations.Kids who grow up by listening and familiar with Korean or Chinese songs,movies and TV dramas in the living room can become bilingual more easily ,also their mothers have big influence to build their values because mothers dedicate their times spend most of their times for kids and parenting responsibility is entirely on mother's shoulders in Japan.

"Ikemen"(Japanese):Nice looking guy,heartthrob

日本の経済復興を支えるものは何か。私は「女性の黄色い声」だと思う。といっても、フェミニスト活動のことを言っているのではない。日本で今起こっている韓流、華流イケメンブームのことをいっているのだ。黄色い声を放つのは、ティーンエージャーの女の子ではなく、家庭を持つ、仕事を持つ、子供や孫がいるいわゆるおばさんである。かくいう私も最近「黄色い声」の仲間入りをした。日本は現在、まだ男性独占のビジネス社会は、哀愁好きの気質もあいまって、国民全員暗~い、落ち込んだムードから抜け出せないようだ。一方、日本女性はその長所である「勤勉」「真面目な」「好奇心」「粘り強さ」「追求心」を韓流、華流イケメン追求にフルに生かしている。日本女性の美徳である「内助の功」の現代版は、日本のエンターテイメント界にまだ知られていない韓流、華流タレントの草の根のプロモートに生かされているのだ。私自身、イケメンファンのブログサイトを通して知り合った、個人的には面識のない他のファンと、バーチャルに韓流、華流タレントに関する意見や情報を交換したり、作品批評をし合ったりする楽しさにハマってしまった。PCをウイルスに侵されてしまうというリスクを冒してまで、さらには全然読めない中国語でも、果敢に中国のウエッブサイトへ入って華流タレントの最新情報を収集し、翻訳して他のファンと情報をシェアしたりとか。このイケメンブームは、韓国とはすでに、経済効果、文化交流、外交貢献にまでも発展した実績がある。現在、そのアンテナを猛スピードで台湾、中国にも伸ばしている。ただ単に韓国、中国、台湾の映画、テレビ番組、歌などを楽しむばかりではなく、作品を通して言語やその文化を学習したり、ロケ地へ旅行したり、住みついてしまったりとその愛の行動力はすごい。しかも韓流、華流ドラマや歌の韓国語、中国語をお茶の間で自然に耳にしながら育った子供達は、自然にバイリンガルになる可能性があり、子供達の価値観形成には母親の影響大だから、将来を担う後世へのインパクトは大きい。
Japan 2969846531845036934

Post a Comment

  1. 日経のタブロイド版で前に読んだけど、ミドルHANAKOエイジが何と言っても、お金と時間と体力があり、好奇心旺盛で元気がいい。この世代の肩に経済効果がかかっているらしいよ。「おばさんバンザイ」ちゅうことだね。
    てか、リウ・イエも好きなの?いい役者だよね。

    ReplyDelete
  2. 私はピーター一筋です。ですが米人に日本での現象を説明するには、ちょっとジャーナリスティックな客観的な視点で紹介しなくてはと、この画像を選択、拝借させていただきました。
    独自の視点があって、論理的、客観的、説得力もあり、簡潔な文章。ニューヨーク,ハードル高いぞ。

    ReplyDelete

emo-but-icon

Home item

About

SPONSORS

INTERESTED IN ADVERTISING?